読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

読んでもらえるブログの書き方 14 無名の人間が何を書くべきか

読んでもらえるブログの書き方

ブログに何を書くべきか、と言うお話です。

既に名前のある方、ファンがたくさんいる方は好きなことを書いてください。

 

無名な方、ファンはいるけど少ない方、全くファンがいない方は、 とりあえず他人の役に立つことを書きましょう。

役に立つことが書いてあれば、少なくとも記事は最後まで読んでもらえるでしょうし、ひとまずブックマークや読者登録はしてもらえると思います。

役に立つ記事が継続してエントリされれば、気になって毎回チェックしてくれる人も増えるはずです。

ある程度技術や技能を持っている方は、書くことにもそれほど困らないでしょうし、それらを文章にしていくことで一旦自分の持っている能力を整理することができるはずです。

 

ただし、ここでやってはいけないことがあります。

【広告】

 

それは、謙遜することです。

会話と違い、文章の場合は謙遜すると信憑性が失われていきます。

今から書こうとしている内容に不安があるのなら、まずその不安を払拭してから堂々とブログに書くべきです。

内容に不安もあるけどでもブログも更新したいという中途半端な気持ちから、謙遜するようなことを書いてしまい、逃げ道を作ったり文章を読みにくくしたりしてしまうのでしょう。

 

それに、心配しなくてもブログを読む人はあなたが誰かなんてほとんど興味ありません。

内容が読みやすくて役に立てばそれで満足してくれます。

だから、自分が役に立つと思うのなら堂々とそれを書けばいいのです。

そこにリアクションがあれば他人に通用するということだし、全くリアクションがなければまだまだ通用しなかったということもわかってきます。

 

とにかく「他人の役に立つ」というのが重要な点です。

無名でファンもいない人間がブログで読者を獲得していくためには、そこしかないでしょう。

今すぐ使える文章テクニック

今すぐ使える文章テクニック

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com