読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

左利きだけど右で弾くギタリスト、ベーシストが留意すべきこと

ギター

今まで何度か、左利きだけど右で弾くギタリストからアドバイスを求められたことがありました。

内容は概ね、このままでいいのか、レフティモデルで弾いたほうがいいのかどうか、です。

これまでは、あれこれ考えても結局わからなかったので「わからない」と答えていた気がします。

が、最近ひとつ決定的な発見があったので記しておきます。

【広告】

 

左利きの人が通常モデルのギターを弾くとき、ピッキングにハンデがあると考えるべきでしょう。

というのは、利き腕でない右手、特に拇指球の筋肉が明らかに弱く、鈍いと考えられるからです。

ここが弱い(鈍い)と、親指の使い方に影響が出ます。

当然、ピッキングのあらゆる動作が利き手よりも劣っていると考えられます。

 

とは言え、今更レフティにかえられないという人も多いと思うので、そういった方は、ギター以外にも日常生活で積極的に右手を使うことをお勧めします。

右手で字を書く練習をしたり、いつも左手で持っているコップや、鞄などを右手で持つようにしたりしてみましょう。

また、暇があれば右手をグッパグッパ(開いて、閉じて)しているだけでも感覚は変わってくると思います。

メインは拇指球ですが、そこはあまり深く考えなくていいので、とにかく右手をたくさん使ってみるとその分必要な筋肉がつき、感覚もちょっとずつ繊細になっていくと思います。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com