読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

読んでもらえるブログの書き方 11 自己アピールは文章を読みにくくする

読んでもらえるブログの書き方

一般的にブログに対して、自由に自己アピールできる場と言う認識があるかもしれませんが、多くの人に読んでもらいたいければその認識は改めたほうがいいでしょう。

もちろん、ブログで好きなように自己アピールする事は可能です。

しかし、その気持ちは文章をどんどん読みにくくしてしまいます。

 

では自己アピールとはどういったものでしょうか?

あからさまなものは誰でもわかるので、今回はついついやってしまいがちな自己アピールについてご説明します。

【広告】

 

自己アピールは、概ね( )の中に現れます。

例えば次の文章を読んでみてください。

 

〈例文〉

オルタネイトピッキングは、テンポ170位までは雑に弾いても何とかついていけるが、それ以上になると正確な身体操作が必要となる(ちなみに私は200までなら無理なく弾ける)。

 

この( )の中の文章が自己アピールです。

実際読んでみて、ちょっとイラっとしますよね?

行間から、「俺は凄いんだぞ、テクニックがあるんだぞ」という匂いが漂ってくるからでしょう。

( )がなければ普通に「なるほど、そうなのか」と納得できるはずです。

このような自己アピールをしてしまうのは、実際に「俺は凄いんだぞ」という気持ちと、それをわかってほしいという承認願望があるからでしょう。

それを完全に消すのはなかなか難しいですが、消そうと努力していかないと、いつまでたっても文章に自己アピールが漂ってしまいます。

 

まぁ時々でてしまうくらいなら仕方ないかもしれませんが、毎回毎回記事の中にそういった自己アピールが含まれていると、読者は読む気をなくしてしまいます。

だから、ブログの読者を増やしたければ、自分を抑えてその時のテーマを淡々と書くようにするべきなのです。

そうすると、変な色のついていない、読みやすくてしかも中身のあるブログになっていくと思います。

今すぐ使える文章テクニック

今すぐ使える文章テクニック

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com