読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

読んでもらえるブログの書き方 10 読者を楽しませようとしなくていい

読んでもらえるブログの書き方

意外だと思われるかもしれませんが、ブログでは読者を楽しませようとする必要はありません。

楽しませようとして書くと、大体失敗します。

僕も、ブログを書くにあたって読者を楽しませようという気持ちは一切ありません。

毎回その時のテーマを淡々と書いているだけです。

そういう書き方にしてから、はっきりとブログのPVが上がってきました。

なぜそういった現象が起こるのかは、すでにこのシリーズで説明してあります。

【広告】

 

思い出してみてください。

読者はあなたと言う人間に興味がなく、あなたのブログを楽しむ気もありません。

ただ有益な情報を短い時間で取得したいためにブログを訪れているだけです。

ですから、こちらとしてはそのニーズを満足させることだけに集中すればいいのです。

 

変に読者を楽しませようとして、ギャグやノリ突っ込み(てなんでやねん!、みたいなやつ)を入れたり、やたらと草を生やしたりしていると、要点がどんどん埋もれてしまい、読みにくいブログになってしまいます。

そういった楽しませるための文章に引っかかってくれる人もいるかもしれませんが、かなり少数でしょう。

 

例えば、観光案内所で観光地の場所を聞いているのに、世間話や面白話をされても困りますよね?(それがどれだけ面白い話でも)。

一方、必要な情報だけをサクっと教えてもらえれば、また困った時は行きたくなると思います。

それと同じです。

 

なので、ブログでは変に楽しませようとせずに、ただただ必要なことだけを淡々と書いておけばいいのです。

その方が書く時間を短縮できるし、読者のニーズにも合った内容となります。

もちろん、勢いが乗った時はギャグ的なものを挿入してもいいと思いますが(僕もたまにあります)。

今すぐ使える文章テクニック

今すぐ使える文章テクニック

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com