読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

読んでもらえるブログの書き方 9 読者はブログに何を求めているのか?

読んでもらえるブログの書き方

読者はあなたのブログに何を求めているのでしょうか?

まだ読者がほとんどいない状態では、ここがわからないため、あれこれ試行錯誤するのだと思います。 

実はこれには、答えがあります。

 

ほとんどの読者は、ブログという媒体では、有益な情報を手早く入手したいと考えています。

誰だか知らない人のブログを味わって読む人はいないし、読むのに時間がかかりそうな長文も敬遠されます。

しかし、有益な情報がさっと入手できれば、使えると判断され、読者登録やブックマークしてもらえる可能性は高まります。

 

「有益」と「手早く」この2つがキーワードです。

それさえわかれば、この2つのキーワードを満たすブログを書く、あるいはそれを満たさない(無益で時間のかかる)ようなブログを書かないようにしていけばいいのです。

【広告】

 

読者にとって有益な情報は、取り扱うジャンルによって違うのでそこは自分で研究していかないとません。

しかし、それ以外の要素はどんなブログにも共通しています。

手早くすらすら読めるようにするためのテクニックはすでにいくつか述べてきました。

ここからさらに、読者にとっても無益な情報、自分では必要だと思っていても読者にとっては不要な情報について考察していきたいと思います。

それらを突き詰め、削っていくことによって、文章がよりシェイプアップされ、読みやすく中身のあるブログになっていくと思います。

今すぐ使える文章テクニック

今すぐ使える文章テクニック

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com