読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

読んでもらえるブログの書き方 8 ブログにおける一行の最適な長さは?

読んでもらえるブログの書き方

ブログの文章における一行の最適な長さはどれくらいでしょうか?

 2017年現在だと、スマホで読んだときに改行せずに「。」まで到達できるのが最適な一行の長さだと言えるでしょう。

僕もできるだけそうなるように書いています。

理由はもちろん、それが一番読みやすいからです。

 

改行(行間を空けるのではなく)が多いとなぜ読みにくいのでしょうか?

それは、目線の移動が多くなってしまうからです。

例えば、次のふたつの文章を読み比べてみてください。

【広告】

 

ギターのピッキングは、できるだけソフトに行いましょう。

 

ギターのピッキングは、

できるだけ、

ソフトに行いましょう。

 

読んでいる環境にもよりますが、①の文章は仮に改行があったとしても一回、②は二回(3段)になっています。

この改行によって、目線を大きくジグザグに動かさないといけなくなります。

ほんのちょっとしたことですが、これが何度も何度も続くとかなりわずらわしく感じられます。

 

各文章をできるだけ改行なしで終え、 一文が終わって一息ついたところで目線を次の行の頭に大きく移動させるようにすれば、文章のリズムと読者の読むリズムが合致します。

だから、読んでいても疲れないし、スピーディーに読み終わることができます。

一方、無駄に改行が多いと、文章の途中で何度も大きく目線を動かすことになるので、雑念が入りやすくなります。

 

もちろん、毎回必ず改行せずに終われるとは限りません。

しかし、それはそれで結構です。

が、できるだけ一文を短く切るように心がけてみましょう。

例えば、すぐ上の文章もそうです。

 

(例)

もちろん、毎回必ず改行せずに追われるとは限りませんが、しかしそれはそれで結構なので、できるだけ一文を短くするように心がけてみましょう。

 

文章が達者な人はこうやって書いてしまいがちですが、これでは長すぎます。

なので、適切に切っていきます。

 

意味なくやたらと改行する人や、長文を好む人は、ブログでは一文一行を心がけるようにしましょう。

今すぐ使える文章テクニック

今すぐ使える文章テクニック

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com