【広告】

「間違っていた」と言える充実感

日本人は、「間違いたくない病」を誰しも持っています。

より正確に言うと、「間違いを認め、訂正したくない病」でしょうか。

間違いを認めたら負け、訂正は敗者の証だという気風がどこか社会に蔓延している気がします。

しかし、実際に散々間違ったことをした後にそれらを素直に認め訂正していく時、えもいわれぬ充実感があります。

その充実感は成長の証であり、自分を前へと進める原動力にもなり、やがては自分自身の歴史になっていきます。

それは、成功の積み重ねだけでは絶対に生まれてこないものです。

そういったことがはっきりわかっているので、僕は「これ間違っているかも」と思う事はとりあえず続けるようにしています。

そしてそれが「間違っている」と断言できるようになったときにやめます。

そうすると必ずそこから何かが得られます。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】