【広告】

無料というエゴ

今年に入ってから、メールでの相談なども有料化し、無料で何かに対応するということを基本的にやめました。

有料化することで、配慮のない方からの連絡を退けたり、質問者がこちらの提案に対して真摯に向き合っていくれることを促すという意味もありますが、もう一つは、自分自身のエゴを排除するという意味もあります。

無料相談には、どうしても受け付けるこちら側にエゴが生まれてしまいます。

無料で相談に乗ったことで、相手にひとつ貸しを作ったような気になったり、あるいは単純にいいことをしていい気分に浸りたいがための無料相談だったり。

あからさまにそういった気持ちは無いにせよ、やはりどこかにそういったエゴは潜んでいると思います。

何かあったときに「無料でしてやったのに!」と憤ったりするのは、そういったエゴに由来するものだと思います。

だから、ちょっとした相談でも料金を請求することで、自分のエゴを極力抑えられるのではないかと。

そのことで「せこい」と言われてしまうのではないかという危惧がありますが、結局それも「太っ腹」とか「心が広い」と思われたいという自分のエゴに過ぎません。

 

とは言え、小説などはまだまだ無料でないと読んでもらえないので、仕方ないのですが。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】