アーティストのSNSから人間が見えてくると俄然興味が湧いてくる

アーティスト(志望)の方は、 SNSを駆使して、どうにか自分や作品に興味を持ってもらおうと苦心していると思います。

とは言え、なかなか思い通りの結果にはならないはずです。

自分や自分の作品に興味を持ってもらうためには、どうすればいいのでしょうか?

そのヒントは、実は自分にあります。

他人がSNSを通してどのように自分(作品)に興味を持つかということを知りたければ、自分がSNSを通して他人にどのように興味を持つかを探ってみればいいのです。

そして、概ね自分が面白いと思う事は他人も面白いと思っているケースが多いです。

僕がSNSで他人に興味を持つのは、発言から人間が見えてきた時です。

創作の苦しみや喜び、今何に取り組んでいるか、また、活動への意気込みなどが素直な言葉で綴ってあれば、全く知らない人でも興味が湧いてきます。

一方、単なる告知や共演者に向けた挨拶等には何の興味もわきません。

例えるなら、全く知らない土地のスーパーのチラシのようなものです。

 

SNSから活動や創作の場を広げたいと思っている方は、宣伝や告知、同業者への挨拶、仲間とのコメントやリプのしあいをできるだけ控えて、自分が考えていることや取り組んでいること、悩んでいることなどを素直に書くようにしてみましょう。

少なくとも、宣伝よりは効果が出てくると思います。

ただし、かなり根気よく続けないとダメですが。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】