目標ってそんなに大事か

新年あけましておめでとうございます。

楽器をやっている方、何かを目指している方は、新年に当たって何らかの目標を立てていることだと思います。

僕も長年そういったことをしてきました。

しかし、改めて考えてみると、目標ってそんなに大事か?と思います。

確かに、目標を立て、それを達成することに意義はあります。

目標が達成されたことで自信にもつながるでしょうし、そこから新たな目標が見えてくることもあります。

一方、目標を立てることでその目標への到達や達成それ自体が目的となることが起こりえます。

たとえば毎月一曲完成させるという目標を立てたとしましょう。

最初のうちは順調に進んだとしても、そのうち忙しい月や、やる気が出ない月も出てくるでしょう。

目標の達成が最優先事項であれば、そういった月も無理して楽曲を制作してしまうことになります。

その結果、クオリティが落ちてしまうということもあるでしょう。

また、無理をして楽曲は制作できたけれど、そのせいで体調を崩すかもしれません。

あるいは、楽曲の制作を断念することで、目標が達成できなかったと落ち込んでしまい、それをずるずると引きずってしまうということもあるでしょう。

これでは本末転倒では無いでしょうか?

日本人は真面目なので、目標を立て、それを遂行しようと努力します。

そして、その目標に振り回されるということがしばしば起こります。

だから僕は目標を立てるということをある時期からやめました。

そして、今日やるべきこと、今やるべき事をしっかりやることにしています。

そうすることで逆にいろんなことを継続できるようになりました。

また、目標を立てないことで、やる気が出ない時や時間が取れない時は気楽に休めるようになりました。

 

今やることをしっかりやることで、少なくともこのあとやること、明日やるべき事が見えてきます。

そして、次の何かをやる際に、またそれをしっかりやる。

大きな目標を立てそれに向かって邁進するよりも、そうやって今やるべきことをやっていく方が何かを達成できるような気がします。

 

思い当たる節のある人は、2017年はためしに目標のない1年を過ごしてみてはいかがでしょうか?

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】