読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

アドリブの方法の話は、なぜか素材の話にすり替わってしまうことが多い

アドリブを習いに行って、余計アドリブのやり方が分からなくなったという方は結構いるようです。

そういった方のお話を聞いていると、ある共通点を発見しました。

結局教える側が「素材の話」しかしていないんですよね。

 

例えば、ブルースでアドリブをする際、コードやスケール、フレーズなどの話に終始し、それらをどう扱うかといったレクチャーをすることが多いです。

これが「素材の話」です。

料理で例えてみましょう。

パラパラのチャーハンを作りたいから習いに行って、「卵はどこそこの養鶏所のものが美味しい」とか、「フライパンはこのメーカーのがいい」とか、「ご飯は何グラム入れましょう」「調味料はこれとこれがいいです」とかいった話で終わったら、「は?」ってなりますよね。

そして、結局肝心のパラパラチャーハンの作り方はわからず仕舞いでしょう。

こんなセミナーがあったら炎上ものですよね。

でも音楽ではこれが常識ですし、炎上などまずしません。

【広告】

 

レクチャーが「このスケールを使ってアドリブしましょう」だと、「この素材を使ってチャーハンを作りましょう」と言っているのと同じです。

それだと、「どうやって?」という疑問には答えられていないのです。

僕自身もここで悩みました。

もちろん今ではしっかり解決してあるので、「どうやって」にきちんと答えを持っています。

そして、まず「どうやって」を理解してもらった後で素材の話をしていきます。

この順序でなければおかしいです。

まずどうやってパラパラチャーハンを作るか、それが分かったらじゃあ肉を入れるか、海鮮で作るか、調味料をアレンジしてみようか…という話になるはずです。

 

どうやってアドリブを進めていくか、そもそもアドリブって何なのか?

それが分からない人、明確な答えを持っていない人は教えたらダメですよ。

また、習いに行く人は、やり方を訊いているのに「素材の話」にすり替わっていないかをじっくり見分けましょう。

問題は「どうやるか」であり「何を使うか」ではありません。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com