読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

ギターのピッキングで、どこを”動かさないか”をちゃんと知ろう

【広告】

 

ギタリスト、特に僕のブログや教則本なんかを読んでくれている人は、ピッキングで腕の部位をどう使うかを日々研究していると思います。

前腕、手首、母指丘、親指の関節、人指し指など、動かせる部位は沢山あり、それぞれに特徴があります。

このとき同時に考えないといけないのは、どこをどう”動かさないか”です。

そう、ピッキングは、全ての部位を動かすのではなく、ある部位を動かす場合、別の部位を動かさないようにしないとうまくいきません。

【広告】

 

例えば、前腕と親指で見てみましょう。

前腕を回転させてピッキングするとき、親指は絶対に動いてはいけません。

このとき親指が動くと、ピックの振り幅の基準がふたつできることになります。

だからピッキングがもの凄くぶれてしまいます。

一方、親指の屈伸でピッキングするなら、前腕の回転は必要ありません(実際は少し動くでしょうが)。

このように、ある部位を動かしてピッキングするときは、どこを”動かさないか”を同時に考えていかないといけないのです。

そして、動かすことよりも動かさないことの方が何倍も難しいです。

僕も現在動かさないことに取り組んでいます。

 

身体操作を研究しているけど、なんだかうまくいかないという方は、余計なところが動いてしまっていないかを確認してみましょう。

”動かさない”ことも”操作”のうちに入ります。

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com