初心者に認められようとする矛盾 承認は自分より上の人に求めるべきである

楽器の世界、特にインストなどでは、楽器のスキルを認められることで仕事につながることがあります。

そして、しばしばその認めてもらう対象として初心者がターゲットとなることがあります。

ギターでいうと、ギターキッズに認めてもらう、ということです。

 

マーケティングとしては有効なのでしょう。

初心者の方が人口も多いし、派手でかっこいいことをすればすぐ飛びついてくれるからです。

しかし、芸事に携わる姿勢としてはどうでしょうか?

僕はそうあるべきではないと思います。

 

そもそも、初心者とは右も左もわかっていない人たちです。

まだ経験も浅く、音楽でいうと耳も肥えていません。

だから、何が本当に価値があるのか、何が正しいのかがまだわからない状態です。

そして、分からないからこそ「○○は最高!」「○○はクソ」と自分の未熟な価値感でものごとを決めつけたがります。

これはもう誰もが通る道です。

僕もそうだったし、もっと上の人たちもそうだったと聞くし、今初心者の人もそうです。

皆、そこから抜け出して一人前になっていくのです。

 

さて、そういった状態にある初心者の人たちに「認めてもらう」とはどういうことでしょう?

まだ経験も浅く、確かな価値感の持っていない人たちが「認める」ものって、どんなものでしょう?

なんとなく想像できますよね。

派手でインパクトが強いけど、中身がなく、その道で成熟していくにつれ興味を失うようなものです。

どんな世界でもそうでしょう。

 

認めてもらう対象は、自分より上の人に設定するべきです。

自分より年上でキャリアも長く、世間にも認められている人に自分のやっていることを認めてもらえたとき、それが本当に価値があることだとわかります。

ただ、そうなったときに今度は初心者から反発が起こります。

恐らくその時点で、もう初心者には理解できないレベルになっていると考えていいでしょう。

だから初心者の反発はもう無視するしかありません。

ただ、人数が多いのでちょっと不安になりますがw

 

世の中は不公平なようでいて、実はわりと公平にものごとをジャッジしてくれます。

価値のあるものは残してくれるし、価値のないものは一瞬輝いたとしても、すぐに消えていきます。

その「価値」の判断基準として、自分より上の人がどう反応するかを気にするべきでしょう。

そのことで、いわれのない中傷や勘違いや、いっときの無理解を引き起こすかもしれませんが、上の人たちが認めてくれたことは、継続していれば時間が経つごとに理解は深まっていきます。

そして、初心者から一人前になっていく人たちも、だんだん価値を分かってくれるようになります。

 

安易に初心者からの承認を得ようとするべきではないと僕は思います。

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】