読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

話しているほど盛り上がらない演奏なら人前でやるべきではない

昨日の記事の続き。

k-yahata.hatenablog.com

僕は、友達と話しているほどに盛り上がらないのなら演奏なんかしない方がましだと思っています。

ましてや、それを人に見せてお金を要求するなんて問題外でしょう。

ロックやクラブミュージック、アイドルなどは最低限日常以上にちゃんと盛り上げようとしてくれるので、観ていて楽しいです。

また、昔のジャズはロックほど盛り上がることはないですが、本当の意味で会話になっているので、心地よく聞くことができます。

一方、現代のジャズや弾き語り、その他一部の音楽は会話にも見えないし盛り上がりもしないし、心地よくもないので聞く気がしません。

一番ひどいのはジャズです。

【広告】

 

「ジャズに人が集まらない理由」で書きましたが、ジャズミュージシャンは恐ろしいほど淡々と自分のことを演奏します。

一見、眉間にシワをよせたり体をゆさぶったりして熱く弾いている感じをうけなくもないですが、それがだいたい”自分のこと”なので、どこか遠い印象を受けます。

それよりも、友達が最近起こったエピソードを話してくれている方が断然聞いていて楽しいし、盛り上がります。

友達と話しているほどに盛り上がらない、というのはそういうことです。

だからジャズを聴いていて楽しい、もっと聞きたいと思う人はかなり少ないようです。

【広告】

 

なぜそうなってしまうかというと、閉ざして演奏しているからです。

”閉ざしている”が分からない場合は、あるプレイヤーの演奏時の姿と、その人が自分あるいは誰かとしゃべっている時の姿を比べてみましょう。

だいたい演奏時の方が冷たく、とっつきにくく感じるはずです。

で、しゃべってみると意外としゃべりやすいなと思うでしょう。

それは、さっきまで演奏で閉じていた心が開いたからです。

僕もジャズをやっていたときはそんな感じでした。

なぜかジャズをやるとほとんどの人はそうなってしまうので不思議です…

個人的にはそれじゃダメだと思うのですが、ジャズの世界ではそれでよしとされているので(というか、そんなことは一切問題にされない)、僕はこれ以上関わらないようにしています。

 

と、こんな風に、演奏している人間そのものを観察していると、音楽がまた違って見えて面白いです。

まあ、ここは別に共有してもらわなくてもいいのですが。

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com