読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

なんのために音楽を勉強するのか?

なんのために音楽を勉強するのか?

なんのために名曲、名演を聞きまくるのか?

そこにはふたつの目的があると思います。

ひとつは、既にあるものを吸収し、それらを自分のものにするため。

もうひとつは、ないものを見つけるためです。

 

一般的な勉強とは、前者でしょう。

既にあるものを吸収することは、実はそれほど難しくはありません。

それに、好きなことだからみんな一生懸命やります。

しかし、それだと結局何をつくっても、どう弾いても、どこかで聞いたことのあるものにしかなりません。

ちょっと耳の肥えた人ならすぐにわかるでしょうし、やってる方もいずれ底の浅さがバレていることに気づかされます。

そうしてある程度長く音楽(その他芸術)をやっていると、ちょっとやそっとの勉強ではオリジナルになれないと分かってきます。

【広告】

 

 

それでもいいかと満足する人は別として、そこからさらに奮起してオリジナルになろうとすれば、もっと勉強する必要があります。

今度は、既にあるものを学ぶためではなく、ないものを探すための勉強です。

ないものを探すためには、極端に言うと、既にあるものを全部しっておく必要があります。

厳密には不可能ですが、可能な限り既にあるものを聞いておかないと、ないものは見つけられません。

適当な勉強のまま、偶然新しそうな何かを発見したつもりで興奮し、自信満々に発表したところ、もう何十年も前に誰かがやっていた、知らなかったのは自分だけ、なんてことになってしまいます。

 

だから、「新しいものがやりたい」と言っている人が、過去の音楽を全然勉強していなかったりすると、危ないな~と心配してしまいます。

数年頑張って、ようやく自分の世界が狭いだけだったと気づいたときにはもう遅いんですが……仕方ないですね。

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com