ピッキングに癖があるかどうか分からない人は、一度左手でピックを持ってみよう

ピッキングで悩んでいるけどどこがおかしいのかわからない。

力みや癖があるけど、原因がわからない。

そういう場合は、一度左手でピッキングしてみると色々見えてくるかもしれません。

そもそも、癖や力みというのは、長年弾いてきた結果少しずつついてきたものなので、自覚するのはかなり難しいんです。

しかし、ことピッキングに関していうと、左手は完全にピュアな状態で残っています。

時々レフティで練習するよって人はまずいないでしょうし、多くのギタリストは左手でピックをもったことすらないはずです。

そこで、一度左手でピッキングしてみましょう。

ギターは右用でかまいません。

弦は押さえなくてもいいです。

弦に当ててもいいし、空振りだけでも構いません。

もちろん、めちゃくちゃぎこちないはずですが、一方で、前腕や指に右手にはない脱力感を感じられると思います。

それが、ギター的に癖のついていないピュアな腕です。

その左手の感触を右で再現できれば癖が抜けたと言えるでしょう。

 

ただし、左手で弾きすぎるとすぐに癖がついてしまうので、たまーにちょっと確認する程度にしておきましょう。

あと、初心者の人は右も左もあんまり変わらないかもしれないです。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】.

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】