読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

脱力の正しい練習方法 脱力を行うとき、多くの人が間違えていること

僕のブログを読んでいる方で、脱力の練習をしている方は多いでしょう。

では、どのように脱力しようとしていますか?

もしかして、最初からいきなり力を抜こうとしていませんか?

はっきり言います、それは無理です。

 

なぜ無理かというと、そもそも緊張とは無意識に近い状態で生まれているものだからです。

例えば、ピッキングの際右肩を緊張させて弾いているとします。

しかし、当の本人は「右肩が緊張している」とは認識していません。

もしそれが分かっていればどうにかしていくことは可能です。

あるいは、なんとなく右肩が緊張しているらしいとは分かっていても、いつ、どのように緊張しているかは分かっていないでしょう。

このように、緊張や力みは無意識的に発生しているものなのです(といっても随意筋であれば脳が命令しているのですが)。

【広告】

 

そういった無意識的な緊張や力みを、何のプランもなしにいきなり抜くということは無理です。

ではどうすればいいかというと、まずその緊張をできるだけ具体的に把握することです。

どういったプレイのどの瞬間に、どこがどんな風に緊張するのか。

具体的であればあるほど好ましいです。

僕は、可能であれば筋肉の名称まで突き止めます。

そうすると、緊張が具体化されます。

脱力の練習が可能となるのはここからです。

仮に筋肉の名称までわからなくても、「肩のこのへん」とか、「親指のこのあたり」とかでも大丈夫です。

【広告】

 

緊張する瞬間と部位が正確にわかれば、あとはそれを弾くときその部位が緊張しないようにゆっくりと弾いていけば癖は徐々に変わってき、どこかの時点でこれまで脳から出ていた「ここで緊張しろ」という命令が「緊張しなくていいんだよ」に変わるはずです。

また、部位によっては、練習ではなくマッサージでほぐすことで緊張が取れていき、癖が治っていくこともあります。

いずれにせよ、具体的に”どこ”か把握していないといけません。

 

このように、脱力の練習は、まず緊張している瞬間と部位を正確に把握することからはじまります。

緊張としっかり向き合うことで、抜き方もわかってくるのです。

いきなり脱力しようとしても無理です。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com