【広告】

音楽で何かを証明しようとするとたいてい不発に終わる

他のジャンルでもそうでしょうが、音楽においては、何かを証明するために演奏されることがしばしば行われます。

代表的なものでいうと、速弾きなどのテクニックです。

自分はこんなに素晴らしいテクニックを持っているんだぞ、こんなに上手いんだぞ、ということの証明として楽曲が創られ、演奏されるというパターンです。

あるいは、楽曲そのものが何かの証明のために創られた場合もあります。

自分はこんなに複雑なコード進行でソロが弾けるんだぞ、という自己主張です。

わりとどんなジャンルにもそういった趣旨の曲や演奏は存在します。

しかし、そういった演奏や楽曲は、結局人の心を掴むことはなく、一過性の驚きで終わってしまいます。

まあ、マニアックな人たちには細々と語り継がれるかもしれませんが、多くの人々を感動させることはほぼないといっていいでしょう。

なぜかというと、単純にうざいからです。

例えば、やたらと自慢してくる人ってうざいですよね?

それと同じです。

服装などでも、「私可愛いでしょ?」「俺、格好いいだろ?」が全面に出ていると引きますよね?

人は、全面に押し出された他人の自己主張を見ると、引いてしまいます。

ですから、音楽の中にも「俺上手いだろ?」とか「こんな難しい曲弾ける俺すげーだろ?」が垣間見えるとリスナーは引いてしまい、音楽に没頭できなくなってしまいます。

名曲、名演にはそういったくだらない自己主張は感じませんしね。

とはいえ、楽器を演奏する人はおおむね凄いと思われたくてやっているものです。

それをどれだけ消していくか、いかに楽曲にそういった幼稚な概念を入れないようにするか、そこはもう精神の修行になってきます。

我が国では、昔から禅がそういった問題に答えてくれていますが、僕はやりません。

やたらと禅語を口にしたりする禅かぶれは嫌いなのでw

少なくとも「上手に思われたい」という幼稚な感情は自力で消しましたよ。

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】