ギターのピッキングに感触を求めないようにしよう

レッスンやブログで何度も言っていますが、ギターのピッキングに「感触」があるとまだまだ強く弾いている証拠です。

確かに、親指に弦の抵抗がずしんと響き、それを振り抜くことで「ギターを弾いている」という実感が得られ、それがある種の快感にすらなります。

そして、その感触をどんどん強くしていくケースが非常に多いように思われます。

そうなると、ハードピッキングのできあがりです。

 

そうやってどんどん感触を強めていくと、ハードピッキングにある種の快楽すら感じている状態になると僕は想像しています。

だから「もっと浅く」「もっと感触をなくして」とアドヴァイスすると、「弾いている気がしない」と気持ち悪さを訴える生徒さんがかなり多いです。

しかし、客観的にみるとそうやって感触をなくしたピッキング(ピックを弦にできるだけ浅く当てる)の方がサウンドもタイムもよくなっています。

結局、ギターのピッキングに感触を求めるという行為は、自己満足であるということです。

 

弦からまるで抵抗を感じない、まるでエアギターを弾いているようなピッキングをしたとき、サウンドやプレイは確実によくなっています。

もちろん、そこはひとつの基準であり、表現の中であえて強く弾くこともありますが。

 

ピッキングで悩んでいる人は、感触をなくすということを課題に加えてみてください。

興味のある人はレッスンにお越しください。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】.

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】