ジャズミュージシャン、ジャズシンガーは演技をやめろ

ジャズミュージシャン、ジャズシンガーにやめてほしいことがあります。

それは、”演技”です。

なぜか、ジャズミュージシャンは演技をします。

楽器のプレイヤーがやる、『僕たち今、楽器で会話してますよ~』という演技。

歌手がやる、『私は今、歌詞の世界の中に入っていますよ~』『私は今、歌に心をこめていますよ~』という演技。

申し訳ないんですが、あれが気持ち悪くて観ていられません。

なぜなら、それらはいずれも、『ほら、ほら、そう見えるでしょ?』という意志の方が強く出ており、”本当”に見えないからです。

それらが”本当”に見えていたら、演技だと感じず、本当に会話しているように、本当に心をこめて歌っているように見えるはずです。

いや、「そう見える」と考える前に感動しているはずです。

しかし、残念ながらそう見えることはまれで、もちろん感動することもなく、多くはただ演技にしているようにしか見えません。

もちろん、昔の人(といっても一部でしょうが)は演技ではなく自然に、”本当”にみえます。

恐らくジャズの人は、「そんなことはない、自分たちは本当に会話している、心をこめている、それがわからないのは観客のレベルが低いからだ」とお得意の責任転嫁をはじめるでしょう。

しかし、それはただの傲慢です。

”本当に”会話していれば、ジャズ初心者にもそう見えるし、”本当に”心がこもっていれば誰にでも伝わります。

ましてや、演技に見えるなんてことはありません。

意図していることが観客に伝わらないのは、演者側の責任です。

もちろん、ジャズ以外にも演技をするミュージシャンはいますが、やはりジャズに圧倒的に多いと思われます。

なぜかはよくわかりませんが。

とはいえ、演技も技術だし芸術なので、徹底的につきつめれば本当に見せることも可能なので、どうせやるなら突き詰めればいいと思いますが。

一発で見破れる演技だけはやめてほしいです。

ジャズに人が集まらない理由

ジャズに人が集まらない理由

 

 

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】