練習用のギターに、試しに008~36弦を張ってみよう! 

僕は少し前から、08~36の弦を使っています。

最初は試しにやってみようということで一本だけ張ってみたんですが、すぐやみつきになり、ストラト全部を08にしました。

結局、一本だけどうしても08では合わないのがあり、それだけ09にして、自分用とレッスン用のをずっと08にしています。

08にすると、当然ですが、弦が細く、柔らかくなるので、よりシビアなタッチが求められます。

特に押弦は、すぐシャープしたり、あと左手ミュートが出来なくなったりする生徒さんもいます(ミュートしてるつもりが音が出てしまう)。

 

サウンドについてですが、09から08では全然違わないといってもいいでしょう。

ただしギターの素材によってはペラく感じる場合もあります。

マホガニーのストラトでペラく感じたので。

セミアコやレスポールでは影響が出るかもしれません。

ストラトやテレキャスではまず問題ないはずです。

不思議なのは、細い弦を張ってると、なんかおっさんがニヤニヤしながら「そんなに力ないの?」とか言ってくることです。

何なんでしょうね?

11でチョーキングできなきゃ男じゃないとか昔聞いたことがあるけど、そういうこと言ってる人たちはみんなアマチュアでもたいしたことない人たちでした。

個人的には、腕が上がるほどソフトタッチになる→弦を細くしていく、という認識です。

といっても08が限界だと思いますが。

あと、フルアコは細くても10ぐらいないとたぶんいい音しないと思います。

それでも昔は13とか使ってましたけどw

 

試しに練習用のギターを08にしてみてください。

けっこう異次元の感覚ですw

でも慣れると癖になりますよ。

【広告】.

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】