読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

お金があれば高いギターより高いアンプを買ったほうがいい

最近、新しいアンプを購入しました。

ZT Amp コンボアンプ LunchBox Jr.

ZT Amp コンボアンプ LunchBox Jr.

 

言い方は悪いですが、使える安物です。

サウンドも使い勝手も満足していますが、やっぱいいアンプとは決定的に違うなあという感じはぬぐえません。

【広告】

 

そういえば、ギターの場合値段でそこまでは変わってきません。

例えば、僕が持っているストラトのダンカン(定価25万)とフェンジャ(定価7万)でフェンジャの方が音が悪いかというと、ぜんぜんそんなことはありません。

音の太さならフェンジャの方が上だし、繊細さや使い勝手ならダンカンかな、という感じです。

3倍も値段が違っても、高い方が断然いい!とは感じません。

しかし、アンプはそうではないという気がします。

【広告】

 

7万のアンプと25万のアンプがそんなに変わらないということはまずないでしょう。

もっと細かく言うと、1万円のアンプは1万円程度だし、3万なら3万程度、5万なら5万程度に作られているように感じます。

10万円越えるとまた違ってきますが。

そんな中でZT AMPは3万程度ながら珍しく値段以上に頑張っているので「凄い!」と感じるのでしょう。

 

僕が知っている範囲で、高いアンプと安いアンプの違いはというと、弾き手のわがままに付き合ってくれるかどうか、です。

安いアンプはどう弾いてもだいたい同じ音が出てくれます。

ZT AMPのように、どう弾いてもそれなりにいい音だったり、他のならどう弾いても安物の音だったり。

高いアンプはそうはいきません。

ちゃんと弾かないといい音を出してくれません。

もちろん、中には頑張ってくれるアンプもありますが、安物よりはやはりシビアです。

 

せっかくいいギターを持っているのにアンプが安物だったりモデリングアンプしか使ったことがないと、もったいないです。

それなら、ギターはそこそこでもアンプにお金を使ったほうがいいと僕は思います。

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com