読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

アタックの強いカッティングでピックがズレない持ち方

ギター

カッティングの基本は、ピックを軽く持って弦に対して浅く当てることです。

そうすることでシャープな音が得られます。

しかし、ジャンルによっては終始アタックの強い音でジャカジャカとかき鳴らすように弾かないと雰囲気が出ないものもあります。

一昔前の言葉でいうとガレージロック(今でもあるのか?)といったジャンルがそれです。

こういった音楽では、シャープでキレのいいカッティングをするとかなり場違いな雰囲気が出てしまいます。

例えるなら、不良の集まりに一人だけ優等生がまじったような…

 

ではアタックを強くしてガチャガチャ弾けばいいということになりますが、ここでひとつ問題が発生します。

そうやって強く弾くと、ピックがすぐずれてしまいます。

ここ数ヶ月この問題に取り組んでいたのですが、答えが出たので書いておきます。 

【広告】

 

 

実はこれ、非常に簡単に解決できるんです。

ピックを親指と中指で持つだけです。

まず最初に、このようにピックを親指と中指で持ちます。

f:id:k_yahata:20160909080545j:plain

 

次に、人指し指を中指の上にそっと添えます。

f:id:k_yahata:20160909080552j:plain

 

このとき、中指と人指し指で均等にピックを持とうとしなくて結構です。

あくまでピックを押さえているのは中指で、人指し指はその上にそっと添えられている感じです。

 

さて、こうするだけで不思議とジャカジャカ強く弾いてもピックはズレなくなります。

また、なぜか中指で持つと少し硬い音に変化します。

恐らく中指の方が人指し指よりもピックにしっかりくっつくので、自然と遊びがなくなり、締まった音になるのでしょう。

御存知、ヴァン・ヘイレンがこの持ち方ですが、そういった効果を求めてこうしているのかもしれません。

もちろん、タッピングとかハミングバードもしやすくなりますが。

 

ぜひ試してみてください。

それにしても、ピッキングって奥が深いですね~

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com