【広告】

カッティングのアップで引っ掛かる人は肩を使ってみよう

カッティングが苦手な人は多いと思います。

特に、ダウンは問題ないけどアップでひっかかるという人。

サウンド的には、アップのときに1弦、2弦の音が強調されすぎてしまう感じです。

まあそれも味があればいいんですが、サラサラときれいに行いたい場合は肩を使ってみましょう。

カッティングは、基本的に前腕の回転で行います。

そこそこできている人は勝手にそうなっているはずです。

しかし、前腕の回転では少しポジションが甘いとアップが引っ掛かってしまいます。

そこで肩を使うとその引っかかりを緩和することができます。

肩を使うということがわかり辛ければ、単純にダウン・アップで腕全体をストロークのように上下させてみましょう。

ただし、肘を支点にした運動はNGです。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】.

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】