【広告】

嫌いなミュージシャンにディスられたら喜んでおけばいい

楽器をやっていれば、誰しも嫌いなミュージシャンの一人や二人はいると思います。

音がダサい、曲がつまらない、演奏が気にくわない、あるいは人間的に好きじゃない……。

まあそれはそれで心に秘めておけば問題ありません。

では、仮にそういった嫌いなミュージシャンにディスられたら?

恐らくその瞬間、烈火のごとく怒りが湧いてくると思います。

こんなやつに言われたくはない、俺の方が少しはましだ、いや、ずいぶんましなはずだ、絶対に俺の方が上だと認めさせてやる!!!

……て、そんなこと思わなくてもいいんです。

嫌いなミュージシャンにディスられたらむしろ喜んでおきましょう。 

え?なんでかって?

嫌いなミュージシャンをAとしましょう。

あなたはAの演奏やつくる音楽、あるいは人間性を否定しているわけですよね。

つまり、彼のセンスを疑っているわけです。

で、そのAが自分をディスって否定してきてるとしたら、自分はAとは違うということの証明になるわけです。

嫌いな人間と自分は違っている…これってとても喜ばしいことではないですか???

例えば、自分がセンスないと思ってるAが「いい!」とする音楽って、やっぱりセンスがないものであるはずです。

そこに自分が入ってないわけですから、喜んでいいのです。

もしAが自分のことを褒めていたら、自分もAと同じレベルってことですからね。

 

ですから、嫌いなミュージシャンにディスられたら、「よかったー、俺はあいつとは違ってた」と喜びましょう。

どうしても怒りがおさまらないとしたら、どこかでその人のことが気になっているのでしょう。

嫌いは好きの裏返しといいますからね。

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】