読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

ギターでピック弾きをする人は、親指弾きをやらない方がいい、と最近は思う

 ギターはいろんな弾き方を要求される楽器です。

ピック弾きと指弾きの両方やるって人もめずらしくありません。

しかし、身体操作の観点からいうと、親指弾きとピック弾きは相反する概念なので、あんまり両方やらない方がいいのではないかと最近は思ったりします。

 

なぜかというと、

 

・ピック弾き

 親指を完全にリラックスさせた状態をデフォルトとする

【広告】

 

・親指弾き

 親指の外転(緊張)→内転(脱力)を使う

 

という違いがあるからです。

特に、親指弾きの際、指を一旦外に開く動きがくせ者です。

f:id:k_yahata:20160820074550j:plain

*親指を外に開く動き。この状態(緊張)から力を抜くと親指が閉じていき、ピッキングとなる。だから親指ピッキングは緊張状態が必ず作られる。

親指と手首との境目でボコっとなってるのが親指を動かしている腱。上が短母指伸筋の腱、下が長母指外転筋の腱。ここが浮き出ているのが緊張している証拠。

ピック弾きでは親指がずっと閉じているため、これらの筋肉や腱は緊張しない(例外あり)。

 

親指を外に開く動きは、ピック弾きではありえません。

なぜかというと、これをするとピックが落ちるからです。

だからピック弾きでは親指は脱力しっぱなしが基本となります。

つまり、ピック弾きと親指弾きでは、全く相反する身体操作をするということです。

もちろん、その中間のようなピッキングもありますが(その場合親指は緊張しっぱなしとなる)。

【広告】

 

ちなみに、僕は昔ウエスのような親指ピッキングをやっていた時期があり、そのときの名残で長母指外転筋が異常に発達してしまい、現在それを緩めている最中です。

f:id:k_yahata:20160820075235j:plain

*昔の僕です(若いw)。親指ががっつり開いています。

 

このように、親指弾きを多用するあまり、ピック弾きに支障が出ている人はけっこういるのではないかと思います。

基本エレキだけど、フォークもやるよ、ボサノバもやるよ、アコギのソロギターとかやるよ、という方は要注意ですね。

親指弾きをなんとなーくやってる人は、やめたほうがピッキングが上手くなると思いますよ。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com