読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

ロックのリフとファンクなどのカッティングの身体操作の違い

カッティングが苦手なギタリストは結構多いです。

なんとなくはできているけど、なんか違う気がする、あと一歩のところでタイムが安定しない、粒が揃わない…。

そういう人は、恐らくロックのカッティングになっているんだと思います。

【広告】

 

ロックのカッティング

今作った言葉ですがw

簡単に言うと、八分音符でダウンにアクセントをつけるための身体操作です。

このとき、必ずダウンで「ザッ」と 強めに弾き、ダウンを弾きおわったら一旦腕の動きが止まります。

あと、ダウンに勢いをつけたいので肘を支点にして勢いよく”腕振り”してしまうのも特徴です。

シャッフルなどもそうです。

シャッフルはダウンの後に溜めを作るので、そこで一旦運動が途切れてしまいがちです。

別にこれはこれで悪くはありません。

ただ、カッティングとは運動が違うよ、という話です。

で、ロック出身だとこういった身体操作でカッティングもやろうとするから上手くいかないのです。

では正しいカッティングの身体操作とは?

【広告】

 

ファンクのカッティング

正しいカッティングを、ファンクのカッティングと言うことにします。

ファンクのカッティングでまず重要なのは、均等な往復運動です。

もちろん、ファンクでも揺らしたりアクセントをつけたりしますが、ロックみたいにそれが必ずオンビートや一拍目には来ません。

ですから、まずは均等に往復できることを目指すべきです。

このとき重要となる身体操作が、前腕の回転です。

ロックのカッティングのように、手首の捻りや肘を支点とした”腕振り”では均等な往復ができません。

次に、ピックが弦に当たる深さをできるだけ浅くしていきます。

最後に、スピードに対応できるように振り幅を小さく調節していきます。

これらが基本の要素となり、そこからアクセントやグルーヴなどをつけるために変化していきますが、手首を使ったり腕振りにはなりません。

 

このように、ロックのカッティング(ロックのリフの弾き方)と、ファンクのカッティング(いわゆる、カッティングらしいカッティング)は全く異なる身体操作から成り立っています。

まあ、目的が違うから当たり前なんですが。

なんとなく同じようにやってきた方は、それぞれのエキスパートの腕をよく観察して研究してみてください。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com