【広告】

オフが苦手なミュージシャンは全然違うことをやってみよう 脳から考える上達法

 以前、DMNについて書きました。

k-yahata.hatenablog.com

こちらはオフを取ろうという趣旨で書いたのですが、実は僕自身オフを取ることがけっこう苦手です。

色々と頭に浮かんだことをついやってしまいますし、そもそもレッスンやその準備もあるので、丸1日ギターを触らないというのはだんだん難しくなってきています。

そういう人は、全然違うことに1時間でも時間を使ってみてはいかがでしょうか?

ミュージシャンなら、音楽やそれに関係するもの(ダンス)、また広い意味での芸術全般から離れて、スポーツ(できればリズミックでないもの)や料理、もう少し身近なものだと部屋の掃除とか近所を散歩したりしてみましょう。

もちろん、その際は音楽を聞かないようにします。

なぜ音楽と全然違うことがいいかというと、音楽に使う脳領域を休めるためです。

そうすることで、ちょっとでも音楽に対するオフになっているのではないかと思います。

まあ、素人の仮説ですから実際どうかわかりませんが、実感はあります。

 

ちなみに、DMNは脳がデフォルト状態になることなので、上記の場合はDMNは活性化しないでしょう(いや、するのか??)。

だから、DMNをちゃんと活性化させるためにはやはり完全オフが1日必要です。

とはいえなかなかそれができないので、応急措置として全然違うことをちょっとやるという提案です。

音楽を忘れるぐらい打ち込める何かをひとつ作っておくと、効果的なオフが取れるようになるのではないかと思います。

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】