【広告】

ミュージシャンとしてやっていくために僕が取った戦略をお教えします

電子書籍でも書きましたが、たぶん読んでる人の方が少ないと思うので、改めてここで書いておきますので参考にしてください。

 

あれこれ考えて、僕がとった戦略は、<自分の名前で人が集まるようにしよう>というものです。

言い換えれば、組織やグループに依存しないということですね。

例えば、講師をやるなら大手教室に採用してもらうのではなく、自分の名前で個人教室を開き、そこに人が集まるように。

なぜかというと、自分は<絶対になくならない、変化しない最小の単位>だからです。

例えば、 大手の教室などは宣伝力や顧客を持っています。

それだけに、一度採用されれば安泰だとつい日本人は考えてしまいます。

しかし、大企業がリストラを決行し、大手銀行が合併を繰り返すこのご時世、音楽教室なんていつ潰れるかわかりません。

教室が潰れたらどうなるか?

また一からスタートです。

「元○○教室講師」なんて肩書きは何の役にも立ちませんよ。

バンドなども同じです。

仮にバンドで売れたとしても、せいぜい10年でしょう。

解散した後は肩書きが変わってしまいます。

それでも自分のファンとして残ってくれる人はいるでしょうが、激減することは予測できます。

また、肩書きが変わることで対応を180度変える人もいるでしょう。

日本人は依存体質が強いので、一度大手に雇われたらもうずっと安泰だとつい考えてしまい、その組織が潰れてなくなたっときの準備などしません(僕も大手に雇われたらそうなっていたかもしれません)。

そして、依存対象がなくなったとき途方に暮れてしまいます。

そうならないために、最初から自分の名前でやっていくことに決めました。

八幡謙介という名前と、僕という人間は、僕が死なないかぎり存続します。

不況も災害も関係ありません。

自分の名前で活動し続けていると、積み上げたものがある日突然崩れることはないのです。

まあ、犯罪やスキャンダルとかやっちゃうとダメですがw

 

もちろん、組織力に頼ることのメリットも大きいです。

しかし、長い目で考えると、個人で活動し、自分の名前を覚えてもらう方が堅実だと考え、そうしてきました。

とはいえ、めっちゃくちゃ時間かかりますがw

 

続き。

k-yahata.hatenablog.com

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】