読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

批判に感心したりのほほんとコメントできるのは、自分のことじゃないと思っているから

 ジャズ批判シリーズをまたブログで全部読めるようにしたところ、また軽くバズってあちこちでリアクションがありました。

こっそり読んでみるといずれも好意的な内容で、「そうだよなー」と関心している人がいたり、ちょっとしたコメントがあったり。

しかし、そういったリアクションを見るたび、僕はいつももやもやしてしまいます。

 

自分で言いますが、僕のジャズ批判は徹底的にやっています。

それも内側のかなり恥ずかしいところ、ドロドロしたところも余すところなく書いています。

だからジャズミュージシャンはショックを受けるのでしょう。

中には烈火のごとく怒る人もいるし、よくぞ言ったとお礼のメールをくれる人もいます。

しかし、大多数はなんかのほほんとしている印象。

これがずっともやもやしていたのですが、なんとなくわかってきました。

【広告】

 

どうやら、多くの人は自分のことではないと思っているらしいです。

確かにそうだよね、と思いながらも、自分だけは違うと思っていて、だから笑ったり感心したり、のほほんと構えていられるのでしょう。

そう考えると、怒った人たちの方がまだましかなとも思えます。

 

たぶん、のほほんと構えている人は、僕みたいなうさんくさいインストラクターと自分のキャリアを比べて、自分は大丈夫だと思っているのでしょう。

自分はキャリアも長いし、有名人とも共演している、仕事もある、ファンもついている、だから自分だけは大丈夫、このブログで書いているのはもっと若手の人のことだ……

いえいえ、違いますよ、ベテランさん。

あなたのことも含んでますから。

 

人は自分のことを言われていると感じると、だいたい怒ります。

怒れない場合は、距離を置きます。

なぜなら、それは自分への危機だからです。

危機を回避するために怒って相手(の意見)を潰そうとしたり、距離を取って自分を守ったりするのです。

しかし、その危機は、転機でもあります。

そうやって、自分のアイデンティティを根底から覆すようなものに出会ったとき、危機回避をするのではなく、むしろそこに一歩踏み入れるのがアーティストだと僕は思うのですが……。

もちろん僕はそっちをやってますよ(むしろそっちしかやってない)。

 

僕のブログはさておき、信用できる人からの批判も受け入れられない、あるいは言葉では受け入れているけど結局自分を変えないという人は、たぶんその先何も変わらないでしょう。

でもそうやって、頑固に自分を変えない人の方が意外と他人の意見を気にしすぎてたりします。

自分を信じて行動するなら誰の意見も聞く必要はないし、人の意見を聞くならそれを必ず実行してみる、ぐらいしないと何もわからないと思うのですが…

(今日はまとまりのない記事だな)

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com