読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

ジャズスタンダードのテーマを歌詞の通りに弾くとどうなるか

最近、 ジャズの生徒さんには、「まず歌詞を覚えてください」と教えています。

これは楽器のレッスンではかなりめずらしいことだと思います。

僕もいろんな所でいろんな先生に習いましたが、歌詞を読めとか覚えろと言われたことは一度もありません。

 

実は、以前歌詞の通りにテーマを弾いたらどうなるのかと実験していたことがあります。

それがこの動画です。


Just Friends by Kensuke Yahata(八幡謙介)

 

これ、何をやってるのか聞いただけでわかるかなー、プロならさすがに分かるでしょう?と思って以前クイズを出してみました。

k-yahata.hatenablog.com

しかし、残念ながら誰も分からなかったようです。

プロ……

答えは、歌詞の通りにテーマを弾いている、です。

【広告】

 

 

では一度歌詞を読みながら聴いてみてください。

 

 

Just friends, Lovers no more.

Just friends, But not like before.

To think of what we've been And not to kiss again

Seems like pretending It isn't the ending.

Two friends, Drifting apart.

Two friends, But(and) one broken heart.

We loved, we laughed, and we cried,

Then(And) Suddenly love died,

The story ends, And we're Just friends.

 

一部ちょっと合ってないところもありますが、基本、テーマの弾き方と歌詞がマッチしていますよね。

…とまあごく普通のことをやってるだけなのですが、誰もわからなかったというのがかなりショックです。

それだけジャズミュージシャンにとって歌詞や、楽曲の世界観なんてどうでもいい存在だということでしょう。

まあ僕もそうだったんで分かりますけどね。

 

さて、歌詞を覚えて、その通りに弾くとどんないいことがあるのか。

 

テーマが英語のリズムに早変わり

まず、歌詞の通りに弾くと、インスタントに英語のリズムになります。

これは我々日本人にとっては非常にありがたいことです。

テーマの弾き方がわからない、弾けるけどなんかいまいちというひとは、変なフェイクとかを学ぶのではなく、歌詞を覚えましょう。

そして、歌詞を歌いながら弾けばいきなりジャズになってくれます。

ただ、かなりシンプルになるのでコンテンポラリージャズが好きなひとは違和感を持つかもしれませんが。

(原曲の歌詞に違和感を持つってのも変な話ですが)。

 

楽曲に世界観を持つことができる

ジャズミュージシャンはアマチュアからプロまで、皆記号で音楽をやる節があります。

まあこれは学びの過程でしょうがないことなんですが。

しかし、人は記号に感動しません。

k-yahata.hatenablog.com

記号の奥に人間やその世界が見えないと観客は反応してくれません。

ではどうすればいいかというと、歌詞を読み、その世界観を理解すればいいのです。

それだけで、自然と音に表情もつくし、中身のある演奏になってきます。

また、世界観ありきだとテンポやアレンジも自然に決まってきます。

原曲がまさにそうです。

歌詞を読み、原曲を聴くと、これしかない!というテンポやアレンジであることがありありとわかります。

ただ、そうなるとどれもほぼ原曲のままの演奏になり、「古くさい」「時代遅れ」と批判されてしまいますが、中身のない記号だけの演奏よりはましだと僕は思います。

歌詞も世界観もない、ただただ斬新で新しい(と自分たちは思っている)解釈の演奏を世間がどう受け止めているか、答えはもう出ていますよね。

そっちじゃないんですよ、ジャズは。

 

アドリブが歌になってくる

アドリブで「歌う」ことは、全てのジャズミュージシャンの理想でしょう。

歌詞を覚えると、自然とそれに近くなってきます。

なぜかは分かりませんが、頭の中に先にメロディが出てきて、それを弾く、という順序に近くなっていくのが自分でもわかります。

その分技巧的な演奏からは遠ざかりますが、なんというか、自然になっていきます。

だから弾いていて気分がいいんんですよね。

それは恐らく観客にも伝わると思います。

頭の中でスケールとかフレーズといった記号を考えながらやってると、重たい感じがしてきます。

それもやはり伝わります。

 

と、これらのことは、歌詞を読んで覚えるだけで自然に起こる現象です。

特別な練習は一切ありません。

ジャズをやってる人は、試しに1曲だけやってみてください。

かなり演奏が変わるはずです。

それが好きか嫌いかはまた別ですが。 

 

ちなみに、以下の動画も「歌詞の通りにテーマを弾いたらどうなるか」シリーズです。


Feel Like Makin' Love(cover)

 


Have You Met Miss Jones (マイク録り)

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com