【広告】

ピッキングの脱力で注目するべき箇所は?

ギターのピッキングで、脱力を念頭に練習している人は多いと思います。

脱力するべきチェックポイントは多々あるのですが、意外と見落とされがちな部位があります。

それは、中指、薬指、人指し指です(以下、”使わない指”)。

ただし、フィンガーピッキングは除きます。

人指し指や親指は実際に使う指なので、それなりに注意して弾いていればある程度力んでいることもわかってきますし、それが分かれば脱力もしやすくなります。

しかし、使わない指は注意すら向かない場合があります。

そして、これらの指が緊張しているせいでピッキングが硬くなってしまい、しかもその原因に気づかないということがけっこうあると思われます。

 

ではどうすればいいのか、どうなっていたら使わない指が緊張しているのか、あるいはリラックスできているのか?

ざっくり言うと、使わない指がふわっと丸まっていたらリラックスできています。

逆に、ピンと伸びていれば緊張していることになります。

また、最初は丸まっていても、何かの拍子にピンと跳ね上がるように伸びたりすると、そこで力んでいます。

こういった点に気を付け、改善していくとピッキングの脱力は進むはずです。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】.

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】