読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

遠回りすることの安心感 技術の習得は遠回りしておいた方が後々安心できる

技術の習得というと、どうしても近道とか最短距離で、という点に話が集中します。

まあ、早くて楽な方がいいに決まってますが、それだと後々必ず苦労します。

早く上達して後で苦労するか、遠回りして後で楽するか、一見同じようですが、前者の方がやばいです。

なぜかというと、ある程度のレベルになり、音楽なら音楽で仕事をはじめてしまうと、そこから改めてフォームや奏法を改善する暇がなくなるからです。

プロのミュージシャンが10人いれば、9人はこの問題で悩んでいると言ってもいいでしょう。

スポーツのようにオフシーズンがあればいいのですが、音楽にはそれはないですからね。

なので、最初に遠回りしておく方がいいと僕は思います。

【広告】

 

 

遠回りというのは、当然、たくさん失敗しておくことです。

何度も言っていますが、ひとつ失敗をすると、やったらダメなことがひとつ分かります。

それをそのまま放っておくとまたやってしまいますが、きちんと整理して問題点をまとめておくと、同じ失敗はしなくてすみます。

そうして失敗をたくさんし、その都度きちんと整理しておくことで、将来的に安定した演奏や、堅実な音楽活動ができるようになります。

100の失敗を経験している人は、100通りのリスク回避を知っているということです。

 

とはいえ、若いうちは早く活動したい、早く認められて有名になりたいと焦るものです。

身近な人間が先に上がっていくと、その焦燥感もいっそう募ります。

しかし、最終的にどっちが成功するか、どっちが幸福かというのはわからないものです。

まだたいした蓄積もないうちにデビューしてしまい、最初はもてはやされたものの、すぐにアイデアが尽き、練習する暇もないので技術も大して伸びず、すぐに頭打ちになり、後は過去の栄光にしがみつきながら細々と活動していく……という人も少なくありません。

一方で、デビューは遅いけど、その分蓄積が豊富で、技術も磨きに磨かれているので同業者から一気に信頼を寄せられる、というパターンもあります。

 

思い通りに世に出られなかった人は、腐らずにじっくりと刀を研いでおきましょう。

いずれその時間が安心をもたらしてくれる日がきます。

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com