【広告】

プロを目指さないミュージシャンが陥りやすい状態

既に社会人としてきちんと働いている、あるいはそのために勉強しており、就職もかたい、というプロを目指さないミュージシャンは、しばしば手段が目的となってちまいがちです。

例えば、アドリブのあるアプローチを学びたいという人いるとします。

当然、そのアプローチを使って何をどう弾きたいのかという話になるのですが、話がそこへ行くとさっぱり返事が返ってこなくなります。

また、ピッキングを教えてほしいというので、ではどんなジャンルのピッキングか、どういうサウンドを出したいのか訊ねると、やはり返事に窮してしまいます。

「こうなりたい」「こう弾きたい」がなく、方法論だけを知りたい、アプローチだけを学びたい……こういった状態を”手段が目的になっている”といいます。

なぜこういった状態になるのかというと、答えはひとつ、プロあるいはアマチュアでもちゃんとした音楽活動をするつもりがあまりないからでしょう。

 

もちろん、それはそれで構いません。

むしろ、覚悟もなくプロを目指す人よりはましです。

とはいえ、目的がない状態だとレッスンでは何を教えたらいいのかわかりません。

ピッキングひとつとっても目的に応じて全然違ってきますし、アドリブのアプローチも「どうしたいのか」がないと何から手を付けていいのかわかりません。

全くの初心者はまた別ですが。

フォームやアプローチ、そのためのエクササイズには、必ず目的があります。

それらは、目的に応じて時に正反対のことを行います。

プロを目指さない、一人のアーティストとしての完成を目指さないというのは問題ありませんが、だからといって、楽器を弾く目的がなくてもいいということではありません。

ある程度弾けるようになってきたら、出したい音、弾きたい音楽、アマチュアなりに目指すプレイなどを一度考えてみましょう。

でないと、やたらと方法論だけ詳しいけど中身のないプレイヤーになってしまいます。

まあ、アマチュアだからそれでいいと言われればそれまでですが。

現役ギター講師が教えるギターが上達する人しない人

現役ギター講師が教えるギターが上達する人しない人

 

 

【広告】.

 

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】