【広告】

「好き」、「嫌い」という感情ほどどうでもいいものはない

前にも書きましたが、ある楽曲やアーティストを「好き」だとか「嫌い」といった感情は、すぐに変化します。

今はこの感情は永遠だと思っていても、数年経てばあれはなんだったんだ?と不思議に思うほど気持ちが変わってしまっています。

歳をとると、そういう感情の変化が予測できるようになってくるので、「今は嫌いだけどたぶんどっかで好きになるかもな」とか、その逆の現象を見越して作品なりアーティストを見ることができるようになってきます。

個人的な話でいうと、最近聞いたドラゴンボール超の主題歌。

元イエモンの吉井和哉さんが歌っています。

www.youtube.com

最初聞いたときは嫌いでした。

歌詞やアニメの世界観と声が合っていない気がしたからです。

吉井さんの声や歌い方って、ちょっとエロいですからね。

もっと爽やかでキレのある声の人が歌ったらよかったのになーと思っていました。

しかし、アニメを観ながらOPを何度も聞いていると、いつの間にか好きになっていました。

好き、嫌いなんてそんなもんです。

まあそんな事例が数え切れないほどあります。

なので個人的には好き、嫌いで物事を全て判断しないようにしています。

だから時々「好きな音楽は」と聞かれて困ることがあります。

そういう基準で聞いていないので(めんどくさいので適当にそのとき聞いてるのを答えておきますが)。

【広告】.

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】