読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

ピッキングの際、親指をデフォルト状態にする 親指を脱力させる方法

動画の補足です、まずはこちらをご覧ください。


ピッキングの際、親指をデフォルト(完全に力を抜けた)状態にする方法

 

こうすると親指の力が完全に抜けた状態でピックを持つことができます。

ここまでは恐らく誰でも簡単にできるはずです。

で、問題はここからですね。

 

まず、親指の感覚が消えるので、相当気持ち悪いと感じるはずです。

とはいえ、元々は力んでいただけなので、感覚が消えて気持ち悪いと感じているのが正解です。

その気持ち悪い状態のまま弾いてみてください。

すると、ピックを弦に深く当てられなくなります(深く当てるとかなり強くひっかかってしまう)。

また、当然ですがピッキングもソフトになるのでサウンドが変わってきます。

 【広告】

 

 

そして、デフォルト状態から弾いていると、親指がつい力んで硬くなる瞬間があります。

その瞬間をしっかり感じ取るようにしましょう。

その親指の力みが全ての問題の原因であるといっても過言ではありません。

ですから、親指が一瞬硬くなったなと思ったら、また一からデフォルト状態を作って、親指の脱力を確認してから弾き始めてください。

 

ちなみに、動画でも言っていますが、親指をずっと曲げて弾く人はそれはそれでいいです。

ただ、身体の構造上、親指を曲げている時点で確実に力んでいることは間違いないので、脱力して弾きたい人はフォームの矯正を考えて見てください。

自分は親指を曲げた方がリラックスできる、というのは思い込みです。

 

こういったことをさらに詳しく知りたい方はぜひレッスンにお越しください。

【広告】

 

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com