【広告】

イントロは難しい イントロ出しで最も大事なこととは?

イントロを出すのは難しいです。

と、もちろんこれは一般論ではありません。

一般的には、タイムをちゃんと刻んで、イントロ用のコードチェンジを的確に弾き、正しいタイミングでキューを出せば曲に入れることになってます。

そういったことはちゃんと練習し、セッションなどで経験を積めば誰でもできるようになります。

 

僕が難しいと思うのは、相手やバンドをその気にさせることです。

個人的に、イントロで最も大事なのは、そのイントロで相手が歌いたい気分になれるか、弾きたい気分になれるか、だと思います。

枯葉のイントロなら、それを聞いて枯葉が歌いたくなるか、弾きたくなるか、それともただ単に記号としてイントロが時間通りに流れてきたから入っただけなのか、の違いです。

この「○○が歌いたくなるイントロ」が非常に難しいところで、ちょっとやそっと楽器が上手くてもできません。

こういったことは、記号や時間とはほぼ無関係の、人と人のコミュニケイションですからね。

だから、きちんとイントロを出されても『なんか入る気にならないなあ…』という現象が起こるのです。

そして、気分が全然乗らないけど出されたからとりあえず入るといったことを何度もしていると、ストレスが溜まってきます。

といっても、ストレスを感じているのならまだましでしょう。

本当に怖いのは、相手を無視して、自分勝手に(といってもコードとタイムは合っている)出されたイントロに何の感情も湧かず淡々と曲に入れてしまうことです。

連日流れ作業のごとくライブをこなし、一昔前まではあった「そのイントロじゃ入れないよ」なんていう文化も廃れてしまった世界では、残るは記号と時間しかありませんから仕方ないのかもしれませんが、「じゃあ音楽って何なの?」と僕は思ってしまいます。

 

この記事を読んで思い当たることのある人は、誰かのイントロで自分が歌ったり弾いたりする際、気分が乗るかそうでないかを思い出してみましょう。

もちろん、その逆で、自分が出したイントロで気分よく歌ってくれるか、弾いてくれるかというのも。

或るギター講師の贅言1234

或るギター講師の贅言1234

 

 

 【広告】.

 

 合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】