音楽的認識を高めるためには、分からないものはほっといた方がいい

よく、「わからないものをそのままにしておかず、すぐに調べるなりして答えを出そう」といったことが言われます。

まあ、小中学校程度の勉強や調べ物、また、明確な答えの存在するものならそれでいいでしょうが、音楽やその他の芸術では逆効果だと思われます。

まず、なぜそれが「分からない」のかを考えてみたとき、自分が未熟だからその対象をきちんと理解し、味わうことができないというケースが多いようです。

例えば、僕は20歳ぐらいの頃はマイルスの「Blue in Green」という曲が嫌いでした。

Blue In Green

Blue In Green

 

 

退屈だし、抽象的だし、これの何がいいんだろうと思っていました。

一方で、この曲は名曲、名演として語り継がれていることや、学校の先生、先輩なども口をそろえて素晴らしいと絶賛していることから、『まあ、俺にもそのうち分かるのかなー』とぼんやり思っていました。

そして、恐らく二十代後半ぐらいでやっと「Blue in Green」の得も言われぬ美しさが感じられるようになりました。

これは、答えを出さずにほっといたからだといえます。

もし仮に、20代前半で「Blue in Green」という楽曲を取るに足らないものだと決めつけ、それを答えとしてしまっていたら、その後一度も聞きかえさず、何年たっても「あんな退屈な曲…」としたり顔で言っていたかもしれません。

そう考えると、分からないものに安易に答えを出すということの危険性が想像できると思います。

こと、音楽は(まあ他の芸術もそうでしょうが)、何年やっても分からないことだらけです。

プロになった人は何でも分かっていると思ったら大間違いです。

むしろプロの方が自分は何も分かっちゃいない、こんなんで大丈夫か?とビクビクしています。

だから尋常じゃないくらいアンテナを張って日々勉強しているのです。

 

特に若いうちは、分からないもの、知らないものに対して即座に否定的な解釈をしがちですが、それをぐっと堪えて、よーわからんけどこんなのもあるのか、ぐらいに留めておきましょう。

数年後には理解できているかもしれませんし、もしかしたら大ファンになっているかもしれません。

【広告】.

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】