【広告】

袋小路に入ったらどうすればいいか

「袋小路に入る」という状態があります。

何をしたらいいのか分からず、これまでしてきたことも効果を発揮されず、どうすればいいか分からない状態です。

多くの人はこの状態で迷い、やめてしまうようですが、それはかなりもったいないです。

 

まず、袋小路に入るということは、言い換えれば伸びしろがなくなるまで努力してきたということです。

中途半端な練習や勉強ではまだまだ伸びしろも余っているはずですし、まだまだ袋小路に入るということはないでしょう。

ということは、袋小路に入った状態とは、あとほんのちょっとで次の段階、今まで見たことのない世界へと飛躍できる一歩手前だということです。

せっかくそこまで来たのにやめてしまうのは非常にもったいないです。

ですから、そうなったとき、まず最初に「自分は今の方法で限界まで努力した」ということを再認識しましょう。

で、肝心なのはあと一歩のステップなのですが、これもそれほど難しくはありません。

単純に、それまでと真逆のことをやってみればいいのです。

今までの練習や勉強、考え方、取り組み方で袋小路に入ったのですから、単純にいえば、それらが間違っていると考えられます。

ですから、今までと全然違うことをあえてやってみるのです。

誰かに習っている人は、思い切って教室をかえてみてもいいでしょう。

すると大なり小なり変化が起こります。

運がよければ次のステップに飛躍できますし、そうでなくても、袋小路に入るほど努力してきたんですから、新しい何かは掴めるはずです。

とはいえ、多くの人はこれまでの方法を捨てたがらないので(捨てることは自分を否定することだと考えるのでしょう)、結局次の段階に進めず終わってしまいます。

そこらへんは、それぞれの心の問題なので他人にはどうしようもありません。

 

ちなみに、袋小路に入ることとスランプは違います。

スランプは今までできたことができなくなること、袋小路はどれだけ努力してもできず、何をやったらいいのかわからなくなることです。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】