スランプに陥る原因、そこから立ち直れない原因

「スランプ」という状態があります。

ざっくり言うと、今までできていたことがなぜかできない状態。

なぜこの状態におちいるのか、そしてなぜそこから立ち直れないのか、というお話です。

結論から言うと、スランプに陥るのもそこから立ち直れないのも原因はひとつ、原理を知らないからです。

 

例えば、ある楽曲があり、それを練習して人前で弾けるレベルに達したとします。

誰しも、その時点で一旦は「完成」だと思うでしょう(もちろん、もっとこうしたいという欲求はあるでしょうが)。

僕もそれに異論はありません。

しかし、その楽曲を練習する過程で、なぜそれが弾けたのかという「原理」をしらないまま完成にこぎつけた場合、将来的にスランプに陥る可能性が出てきます。

そして、多くの場合は「原理」を知らないまま練習し、「原理」を知らないまま完成としてしまいます。

仮に原理を知らないままで、楽曲がいつまでも弾けなかった場合は、ある意味ラッキーであるといえるかもしれません。

なぜなら、人は何かができないよりも、以前できたことができなくなることの方により強いショックを受けるからです。

スランプにおちいり、精神的に立ち直れなくなる人が多いこともうなずけます。

 

とはいえ、世の中には原理もなにも知らなくても生涯において卓越した能力を発揮する人も大勢います。

しかし、そういったごく一部の天才を指標にすることは危険極まりない。

多くの人、特に何かをはじめてすぐに上手くなった人や、「向いている」と言われる人ほど後々スランプで苦しむことが多いようです。

で、そうならないために必要なことが「原理」を知ることです。

ギターなら、どうやってピッキングをしたからそれが弾けるのか、フィンガリングはどう動かしているから弾けるのか、ということを可能な限り論理的に突き止めて把握しておくことです。

そうすることで、ただ「弾ける」だけでなく、なぜそれが弾けるようになったのか、なにをどうしたから弾けるのかがしっかりと理解できます。

そこまで突き止めておけば、仮にスランプが来てもなぜできるのかという要素をひとつひとつ検証し見直していけば、必ず問題の原因は究明できるはずです。

 

僕にとってギターレッスンとは、そういった演奏に重要な要素を開示し、把握してもらい、何かが弾けない人はなぜ弾けないか、どうしたら弾けるようになるかを理解し、すでに色々弾ける人は、改めて「なぜ弾けるか」を理解して来たるべきスランプに備える、というものです。

ただ単にいろんなフレーズや楽曲を弾いて、「弾けたらOK」では何も始まらないし、何の解決にもなりません。

 

とはいえ、こういったレッスン法は、本当に問題が起こらないと理解できないもので、そこそこ弾けてまだスランプにも陥ったことがない(そんなものは自分には来ないと思い込んでいる)人にはなかなか理解できないらしく、理解してもらえないことも多いのがもどかしいです。

あれこれと問題を抱えるプロの人が、「ギタリスト身体論」なんかを熟読してくれているようですが、それも「うんうん、そうだろうなあ」とうなずけます。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】