エレキギターを弾く際は、「弾いている実感」をまず疑うべし

レッスンでは、まずピッキングやフィンガリングの基礎として脱力を教えています。

ざっくり言えば、どれだけソフトに弾くか、ソフトに弾くとどうなるか、ということです。

もちろん、ソフトに弾くといいことずくめです(その辺は「ギタリスト身体論」などを参照)

で、ほぼ100%の方が「弾いている感じがしない」とおっしゃいます。

しかし、その、いつもの「弾いている感じ」でギターを弾いたときにいろいろと問題が起こるのです。

ということは、「弾いている感じがしない」ほどソフトに弾く必要があるということがわかるはずです。

 

実感というのは、けっこう危険なものです。

やっているつもり、一生懸命さ、汗や努力、それらが必ずしもプラスになるわけではないということは、誰でもわかると思います。

また、エレキギターという楽器のシステムを考えてみると、弾いている実感(指に伝わる強い刺激)と出音には特に関係はないということがわかります。

「実感」を得るためにエレキギターを弾くのはやめた方が賢明です。

むしろ、それを感じない、「こんなのでちゃんと音が出るのか?」というレベルで弾くようにすると、様々な問題が解決していきます。

どうしたらいいかが分からない方は一度教室にお越しください。

1回のレッスンでも感覚は掴めると思います。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】.

 

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】