【広告】

楽器のフォームの癖を直すためには、「気持ち」まで掘り下げないといけない

演奏のフォームを直すことは、ほぼイコール身体の使い方を直すということです。

が、それだけでは十分ではありません。

というのは、楽器の癖は自分が「こう弾きたい」という欲求から生まれてくるからです。

 

例えば、ロック系のギタリストならほぼ100%皆ガシガシと強く弾きたがります(エレキギターでは、強く弾く、ということ自体が悪い癖です)。

「気持ちいいから」「強い音が出そうだから」などなど理由はそれぞれでしょうが、「強く弾きたい」という気持ちがあって、次に身体運動が生まれているということは想像できます。

当然、強く弾くという癖を直そうとしたときに、身体操作だけを直そうとしてもなかなか上手くいきません。

「強く弾く」という癖の根底にある「強く弾きたい」という気持ちも同時に直さないと、本当の意味で癖は直りません。

運動から考えるのではなく、「強く弾きたい」という気持ちを抑えることに重点をおきながら癖を直していくと、わりとすんなんり直ってくれます。

ただ、身体操作や運動は目に見えるし、体感もできますが、気持ちに関しては本人の内的な問題なので教えるのはかなり難しいです。

エレキギターのような電子楽器は、出音のイメージと演奏がかみ合わないこともよくあるので。

ディストーションをかけた攻撃的なサウンドは、ソフトで繊細なタッチから生まれていることがほとんどですからね。

【広告】 .

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】