耳コピをする際重要なことは、コードチェンジをアナログに捉えること

先日、ユーチューバーの瀬戸弘司さんに拙著「ギタリストのためのハーモニー」が取り上げられ、購入していただいた方も多いかと思うので、ここらで改めて僕の耳コピ感を述べておきます。

動画はこちら。


興奮!すごい耳コピ本見つけた。

 

耳コピをする際に重要なことは、コードチェンジをデジタルではなく、アナログに捉えることです。

デジタルに捉えるというのは、1小節目はA-7(9)で、2小節目は……と、ひとつひとつコードネームやテンション、あるいはヴォイシングを正確に突き止めることです。

一方、アナログに捉えるというのは、雰囲気や流れを感覚的に掴むことです。

 

一見前者の方が正しいと思いがちですが、大事なのはコードを突き止めることではなく、音楽の流れやコードの印象を感覚的に理解していくこと(その理解度を深めていくこと)です。

また、デジタルな耳コピは正解と不正解に別れます。

しかし、コードチェンジやヴォイシングに正解も不正解もありません。

同じヴォイシングの同じコードでも、正解になる場合と不正解になる場合があります。

デジタルな耳コピばかりしていると、たったひとつの「正解」しか知らない、ということになりかねません。

一方、雰囲気とか流れで捉えていると、「こっちのコードでも雰囲気は壊れないよね」とか、「流れ的にこっちでもOKじゃね」とだんだん分かってきます。

また、そうやって流れを聴くようにしていくと、ちょっとずつデジタルな耳コピもできるようになってきます。

「あ、今Ⅳ行ったなー」とか、「あ、キーが変わった」「今キーにないコード出てきたな、この響きは♭Ⅵかな」などなど。

 

ですから、一個一個コードを突き止めようとせず、まずは全体を何度も聴いて、ハーモニーの流れや雰囲気を掴みましょう。

CDB166 ギタリストのためのハーモニー 耳コピで学ぶオンガクのしくみ

CDB166 ギタリストのためのハーモニー 耳コピで学ぶオンガクのしくみ

 

 【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】