エレキギターにおけるピッキングの深さについて

エレキギターを弾く人で、ピッキングの深さ(弦に対してどれだけ深くピックを当てるか)について言及する人はあまり多くありません。

というか、僕は聴いたことがありません。

しかし、これは実はかなり重要な問題です。

 

ピックを弦に深く当てるとどうなるか?

当然、抵抗は強くなります。

となると、その抵抗に負けないよう、ピックをしっかりと握る必要がでてきます。

ピックをしっかり握ると、前腕や母指丘も緊張するし、ピッキングも強くなりがちなので、プレイやサウンド面で悪影響が出てきます。

ですので、ピックはどんどん浅く、弦に対してかすれる程度にしていきます。

すると、抵抗がすくなくなり、ピックをゆるーく持ってもずれなくなってきます。

また、腕の緊張も取れて、楽に弾けるようになってきますし、音も小さくなっていくので、その分出力(アンプからの音)を大きくでき、サウンドも太くなってきます。

ピッキングがうまくいかない、なんか気に要らない、弾いていると疲れるという人は、一度ピックの深さについて研究してみてください。

やりかたとしては、フレーズやコードを弾く際に、まず右手を弦から離し、空振りさせます。

そして、だんだん弦に近づけていき、音が出始めたら近づけたり離したりして距離を調節します。

そして、ほとんど空振りと同じぐらいの感覚で、なんの抵抗も感じずに音が出るよう、距離を調節しましょう。

これをやっていくと、ピッキングが相当軽くなってきますし、サウンドも確実に変わります。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】