ギターを弾く際、人が無意識的に行っていること、その矯正

ギターを弾く際、人は無意識的に次のふたつのことを行ってしまいます。

 

 ・弦を必要以上に強く押さえようとする

 ・ピックを必要以上に深く弦に当てようとする

 

プロアマ問わず、このふたつの現象は、演奏中必ず無意識的に起こります。

なぜそうなるかというと、「ちゃんと弾かなければいけない」という意識があるからです。

この意識を完全に消してギターが弾ける人はほとんど存在しないでしょう。

 

とはいえ、上記のふたつの無意識運動が起こっているとしても、ギターを弾きこなすことは十分可能です。

ただ、イングヴェイレベルの速弾きはどうやらこれを対峙し、克服しないとできないように思われます。

というのも、弦を押さえすぎていると左手が追いつかないし、ピックを深く当てすぎていると右手が追いつかなくなるからです(まあ、若いうちは力まかせでもできますけど……)。

そして、それらを矯正するためには、単にフォームを見直すだけでなく、上記の無意識的な運動が出ないように、意識レベルから直していく必要があるのです。

前回述べた速弾きのための練習法は、この無意識運動を克服するための恐らく唯一の練習法となります。

残念ながらまだ公開はできませんが。

速弾きを相当練習したのにできないという人、フォームは正しいはずなのに弾けない人、その他速弾きであと一歩というところで苦労している人は、とりあえず上記の二点をチェックしてみてください。

 

あ、ちなみに、速弾きのための練習法は、教室に来てもらえたら普通にお教えします。

興味のある方はぜひどうぞ(教室へのリンクはトップから)。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

 

 【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】