ギターインストラクターは間違ったことを沢山やっておくと武器になる

2015年3月あたりから速弾き研究を始め、様々な練習法を模索してきました。

その過程で、たぶん間違っているんだろうなあということも徹底的に検証し、その結果腕がパンパンに腫れたり、弾けなくて気分が落ち込んだりしたこともありますが、ようやく論理的にも体感的にも「これしかない!」という練習法が見つかりました。

というか、かなり前にはもう見つけていたのですが、もしかしたら他の方法もあるかもとあえて遠回りをしてきたので、時間がかかってしまいました。

世間的にはこういった遠回りは「時間の無駄」とか「要領が悪い」と思われるかもしれませんが、僕にとっては戦略的な練習法です。

なぜかというと、まず先に「やってはいけないこと」を明確にしておくことで、将来的なミスディレクションを潰しておくことができます。

次に、インストラクターの立場から、生徒さんが間違ったことをしていたらすぐに指摘することができます――それも、体験をまじえて!

なので、間違ったことを徹底的に行うことは、無駄どころか、自分の糧になるのです(とはいえ、だいぶしんどかったですがw)。

 

まあそんなこんなで速弾き研究も随分進んできました。

あとは自分自身がいろんな速弾き曲を弾いて検証、証明すること、そして最後に生徒さんや読者さんに提示し、皆さんが速弾きできるようになることです。

来年ぐらいにはフォーム、練習法などをきちんと論理化し、実演と共に公開できると思います。

今の結論が正しければ、はっきりいって誰でも弾けるようになりますのでw

練習法もめっちゃシンプルで簡単です。

お楽しみに!

 【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】