音楽的発見は音楽だけやっていても訪れない

音楽でプロになるためには、音楽だけをやり続けるのが一番良いという考え方がありますが、僕はそうは思いません。

個人的には、音楽上の、あるいは楽器の奏法などでの、自分の価値感が覆るような出来事や、無数のちょっとした発見などは、必ずといっていいほど音楽以外のことがヒントになっているからです。

 

では、音楽的な発見のためにあえて音楽以外のことを積極的に行えばいいのかというと、それも違う気がします。

そうした、ある種の下心を持って何かを行っても、音楽とそれ以外のことがなかなか結びつかないのではないかと思います。

そうではなく、本当に純粋に何かに興味を持ち、音楽と全く関係なくそれを継続していて、あるときふとそれが音楽的発見につながるのです。

音楽しか興味がない、音楽以外何もやってないという人は、スタートダッシュこそ速いものの、どうも30を過ぎてから失速するようです。

30を過ぎて早々と想像力が枯渇したり、新しいものに挑戦するエネルギーがなくなったりして、老人のように守りに入ってしまうミュージシャンは数多くいます。

そんな中、「やばい」と感じ、急に本を読み出したり、体を動かしたりする人もいますが、当然、即席でそれらが自分の糧になることはありません。

音楽だけやってきたツケだといえるでしょう。

逆に、若い頃から「あいつ何かちょこちょこいろんな事やってんなー、何がしたいんだろう?」といった人が、20代後半から30代にかけて急に化けてきたりします。

それぐらいの年齢になって、色々やってきたことがちょうどブレンドされて花開いてくるのでしょう。

30代で枯渇してもう守りに入るか、そこから花開きより上へと昇っていくのか、どちらを選ぶかは自分次第です(というか、これは気質の問題なので、どちらになるのかは先天的に決まっているんでしょう)。

ギターエッセイ詰め合わせ1

ギターエッセイ詰め合わせ1

 

 

【広告】.

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】