【広告】

ギターのピッキングに悩んでいる人は、土台作りを研究してみよう

ピッキングがどうもうまくいかない、速く弾きたいのに弾けない、などなど悩んでいる方は、ピックを当てるという行為の前に土台作りがうまくできていないケースがあります。

例えば、腕のどこもギターに触らず完全に浮かせた状態でピッキングすると、凄くやり辛いですよね?

もしそういう状態になっていたとしたら、まずギターと腕の接触する面積を増やしましょう。

特に、手刀の部分(小指の側面から手首まで)は重要です。

ここが浮いているかしっかりくっついているかで手の安定感は格段に変わってきます。

もちろん、フレーズや曲によって変わってきますが、ピッキングしている親指と人指し指以外をできるだけギターにくっつけるようにしていくと、ピッキングの安定感は増すと思います。

このように、迷ったら別の角度から検証していくと意外と答えがみつかることがあります。

ピッキングならピッキング以外の部分、運指なら指先だけでなく、手首や前腕など。

意外と問題の箇所だけ工夫してもどうにもならなかったりします。

 【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】