【広告】

速弾きのピッキングで、ピックが弦にひっかかる場合の対処法

例えば、1弦から順に下降してくるフレーズがあったとします。

そのとき、3弦か4弦あたりでどうしてもピックが弦にひっかかってしまい音が詰まるということがよくあると思います。

この場合の対処法を書いておきます。

まず、なぜピックが弦にひっかかるのか?

これは単純に、ピックを深く当てすぎているからでしょう。

あるいは、深く当てているつもりはなくても、結果的にそうなっている場合があります。

ギターの弦は、1弦から6弦に向かうにつれ、太くなっていきます。

仮に全く同じ位置でピッキングをし、1弦から6弦まで下降しているとしても、弦が太くなった分だけピックは深く当たっていることになります。

だから太い弦になってくるとピックが引っ掛かるのでしょう。

これを回避するために、弦が太くなるにつれ、ピックをほんの少しだけ浮かせるようにしていきます。

体感的には、1・2弦、3・4弦、5・6弦をセットにし、2弦から3弦に移動する際、ピックを若干浮かせるようにします。

4弦から5弦でさらに浮かせます。

そうするとピッキングの引っかかりが解消され、スムーズに弾けるはずです。

 

この問題に限らず、ピッキングについて考える際、「弦やピックは立体である」ということを念頭に工夫すれば解決法は見つかるはずです。

 【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】