【広告】

いい音を得るためのふたつの方法

エレキギターなど、マテリアルの多い電子楽器でいい音を得るために、ふたつの方法があります。

ひとつは道具を変えること、もう一つは身体操作です。

 

例えば、カッティングでシャープな音を出したいという目標があったとします。

そこで、ピックやピックアップ、アンプ、エフェクター、あるいは楽器そのものを変えようとするか、自分の奏法そのものを見直そうとするか、の違いです。

言うまでもなく、僕は身体操作を見直してサウンドを改善することを提案しています。

道具を変えると確かにサウンドは変わります。

うまくいけば、目標の音が得られるかもしれません。

しかし肝心の自分は何も変わっていません。

癖や力みは相変わらずで、それが道具に助けられてなんとかいい音が出せたという状況です。

これって、寂しくないですか?

人によるのかもしれませんが、僕は嫌です。

ギタリストとして成長したいし、道具に助けられるのではなく、自分という人間がギターという楽器を扱い、いい音を出したいと僕は思います。

もちろん道具を吟味することは大事です。

最終的には、「このギターにこのアンプしかない!」というところまで突き詰めたいとも思っています。

ただそれと、「このギターじゃなきゃシャープなカッティングはできない」「このペダルがないとタイトなリフが弾けない」というのは違うのではないかと思います。

 

エフェクトやピックアップ、その他の道具はあくまでスパイスであって、いい音を出すために大事なのは、弾いている人間だと僕は思います。

 【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】